個人売買でバイクを売る

個人売買でバイクを売る

 

 

 

個人売買でバイクを売る方法として
オークションや知り合いに売る
といった方法がありますが、
売るのは、できるだけ知り合いだけにしましょう。

 

 

理由は、個人売買のトラブルが多いからです。

 

 

一番多いのは、
名義変更をしてくれないというケースです。

 

 

オークションでバイクを出品して落札されたら
名義変更の手続きをしなければいけません。

 

 

名義変更は、新しいバイクの所有者の
住所を管轄している役所や陸運で行うので
書類を送って、相手側に手続きをしてもらうことになります

 

 

しかし、名義変更を頼んでも
仕事が忙しいなどの理由をつけて
やってくれない人が多いのです

 

 

バイクを乗る側にすれば、
名義変更をしてなくても乗れますし、
事故を起こしたり、違反をしたりしても
バイクの名義人に連絡が行くので問題ありませんが
売った人にしてみれば大迷惑です。

 

 

また、バイク買取業者と違って
ほとんどの人が何の整備もせずに
引き渡すケースが多いので
引き渡した後にすぐ故障することがあります。

 

 

そうなると
それなりの金額を払って落札した人は、
不良品を掴まされたと思って
クレームを言ってくることがあります。

 

 

さらにオークションでは、
最初からお金目当てで落札してくる輩もいます

 

 

高額のバイクに入札してきて、
後でいろんな難癖をつけてきて
お金を請求してきます。

 

 

こういうケースに巻き込まれると
本当に疲れるので
オークションに出品しようと思っている人は、
気をつけましょう。

 

 

それ以外にも出品の手間や
バイクの受け渡しの手間など
個人売買をすると面倒なことが多いので
バイク買取業者に売るのが一番楽です。

 

 

このサイトでは、バイク買取業者を相手に
高く売る方法を解説しているので
そちらを参考にしてバイクを高く売りましょう。