バイク買取で数万円アップさせる交渉方法

バイク買取で数万円アップさせる交渉方法

 

 

 

バイク買取りを初めて体験される方の多くが
安く買い叩かれてしまいます。

 

 

なぜそうなってしまうかというと
バイク買取業者が少しでも安く
買い取リたいと思っているからです。

 

 

そして、バイクの売り手は、
自分のバイクが今の時点で
何円くらいの価値があるか知りません。

 

 

ですからバイク買取業者は、
バイクを査定してなにかマイナス面を見つけると
その部分に問題があるから○○円でしか
買い取れないと相場よりかなり低い額を言ってきます。

 

 

売り手は、あまりに低いと
その価格では、売れないと抵抗しますが

 

 

「では、何円で売ってもらえますか?」

 

 

と聞かれ、最初に提示された金額より
少し多い適当な金額を言ってしまい
その金額で売ってしまいます。

 

 

多くの場合、この金額は、相場よりかなり低いで
結果的に買取業者の思惑通りの低い価格で
売ることになるのです。

 

 

こうならないために
価格交渉をする時にいくつかのポイントがあります。

 

 

まず、

 

 

「こちらから価格を言わない」

 

 

これが大きなポイントです。
自分のバイクの相場がわからないのに
下手に金額を言ってしまうと
その金額で売るはめになります。

 

 

バイク買取業者にしてみれば
相場より低ければそれで買い取りますし、
高いとか相場に近い金額なら

 

 

「それは、無理です。」

 

 

といわれるだけです。

 

 

ですから金額は、言っては、いけません。

 

 

「何円なら売れますか?」

 

 

と聞かれたら

 

 

「このバイクを買い取ったら
 何円で店舗で販売するのですか?」

 

 

と聞き返しましょう。

 

 

また、かなり高めの金額を言うのも良い返しになります。

 

 

バイク買取業者も最初に提示してくる査定額は、
かなり低めに言ってきます。

 

 

最初にこちらの希望額をいうと
それを基準に交渉することになるので
それより低い価格で売るはめになります。

 

 

ですから価格交渉は、
お互いの妥協点を探ることになりますから
売りたい額より高めを言うのがポイントです。

 

 

そして更にいい方法が
競合を作り出すということです。

 

 

「あそこのバイク買取業者は、○○円でしたよ」

 

 

というだけでそこより安いと
バイクを買い取ることができなくなってしまうので
査定額を上げざる得ません。

 

 

更に他のバイク買取業者の価格を
少しだけ上げていうのもポイントです。

 

 

20万円といわれたら21万円にするとか
工夫しましょう。

 

 

また、相手に何かを与えて
代わりに査定額をあげてもらうという方法も使えます。

 

 

例えば、交渉の時に
今日中に売るか決めたいと言っておいて
最後にもし、あと1万円上げてくれたら
今売ってもいいというような方法も効果があります。

 

 

このような交渉方法を使うか使わないかだけで
数万円は、普通に変わってきます

 

 

相手の言いなりになる人は、
かなり損をすることになるので
ここで説明した交渉方法を使って
バイクを高く買い取ってもらいましょう。